コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アク・コユンル朝 アクコユンルちょうAq Qoyunlu

世界大百科事典 第2版の解説

アクコユンルちょう【アク・コユンル朝 Aq Qoyunlu】

14世紀後半ティグリス川上流のディヤルバクル地方に勃興し,15世紀後半東部アナトリアイラクイランアゼルバイジャンを支配したオグズトルクメン系の王朝。1378‐1508年。白羊朝(はくようちよう)ともよばれる。その王統はオグズ諸部族中のバユンドゥル部の出であった。始祖カラ・ウスマーンQara ‘Uthmānはディヤルバクル地方を中心に勢力を固めたが,同じくトルクメン系のカラ・コユンル朝と対立して勢力の伸張を阻まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone