王朝(読み)おうちょう

精選版 日本国語大辞典「王朝」の解説

おう‐ちょう ワウテウ【王朝】

〘名〙
帝王が政治を執り行なう所。天子の朝廷。
※史記抄(1477)三「此時に王朝に仕へて殺されたと云もわづらいもないぞ」 〔周礼‐地官・師氏〕
② 同じ王家に属する帝王の一系列。また、その帝王が支配している時期。「ルイ王朝」など。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「之を養ふに王朝の制度を以てすると、鎌倉政府の制度を以てすると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「王朝」の解説

おう‐ちょう〔ワウテウ〕【王朝】

同じ王家に属する帝王の系列。また、その王家が支配している時期。「ブルボン王朝
王朝時代」の略。
帝王がみずから政治をとる所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android