王朝(読み)おうちょう

精選版 日本国語大辞典 「王朝」の意味・読み・例文・類語

おう‐ちょう ワウテウ【王朝】

〘名〙
帝王政治を執り行なう所。天子朝廷
史記抄(1477)三「此時に王朝に仕へて殺されたと云もわづらいもないぞ」 〔周礼地官師氏
② 同じ王家に属する帝王の一系列。また、その帝王が支配している時期。「ルイ王朝」など。
日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「之を養ふに王朝の制度を以てすると、鎌倉政府の制度を以てすると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「王朝」の意味・読み・例文・類語

おう‐ちょう〔ワウテウ〕【王朝】

同じ王家に属する帝王の系列。また、その王家が支配している時期。「ブルボン王朝
王朝時代」の略。
帝王がみずから政治をとる所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「王朝」の読み・字形・画数・意味

【王朝】おうちよう

朝廷。

字通「王」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉プラス 「王朝」の解説

王朝

海音寺潮五郎の歴史小説短編集。1960年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android