コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサバスカン語族 アサバスカンごぞくAthabaskan(Athapaskan) languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサバスカン語族
アサバスカンごぞく
Athabaskan(Athapaskan) languages

北アメリカインディアンの言語。アサパスカ語族ともいう。 20の言語から成り,カナダ西部とアラスカ,太平洋沿岸,アメリカ南西部の3つの地域群に大別される。第1群はクチン語,タナナ語など。第2群はフパ語,マットール語など。第3群はナバホ語,アパッチ語など。大部分の言語が数百人の話し手しかなく,マットール語などは消滅しかけているが,ナバホ語だけは約 14万人の話し手がいる。系統的には,ブリティシュコロンビアやアラスカ太平洋岸のハイダ語トリンギット語とともにナデネ語族をなすとの説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アサバスカン語族の関連キーワードアメリカインディアン諸語北アメリカインディアンインガリク族ドッグリブ族キャリア族タナイナ族アパッチ族ビーバー族スレーブ族ナバホ族ハイダ族クチン族タナナ族セカニ族フパ族

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android