アシュク・パシャ・ザーデ(英語表記)Ahmet Aşık Paşa Zade

世界大百科事典 第2版の解説

アシュク・パシャ・ザーデ【Ahmet Aşık Paşa Zade】

1393?‐1481
オスマン朝初期の年代記作者。アーシュクパシャザーデĀşıkpaşazādeとも記される。オスマン朝史学の創始者と目される。アマシヤで生まれ,アナトリアの神秘主義詩人アシュク・パシャの孫として,みずからもデルウィーシュ(修行者)としての生涯を送った。また熱烈な信仰戦士(ガージー)でもあり,オスマン朝のコソボの戦(1448),ハンガリー遠征,コンスタンティノープル征服(1453)などに従軍した。オスマン王家の歴史をみずからの体験をもまじえて,素朴な叙事詩的な文体で叙述し,オスマン朝勃興期の歴史に関する最も重要な史料となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android