コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシュク・パシャ・ザーデ Ahmet Aşık Paşa Zade

世界大百科事典 第2版の解説

アシュク・パシャ・ザーデ【Ahmet Aşık Paşa Zade】

1393?‐1481
オスマン朝初期の年代記作者。アーシュクパシャザーデĀşıkpaşazādeとも記される。オスマン朝史学の創始者と目される。アマシヤで生まれ,アナトリアの神秘主義詩人アシュク・パシャの孫として,みずからもデルウィーシュ(修行者)としての生涯を送った。また熱烈な信仰戦士(ガージー)でもあり,オスマン朝のコソボの戦(1448),ハンガリー遠征,コンスタンティノープル征服(1453)などに従軍した。オスマン王家の歴史をみずからの体験をもまじえて,素朴な叙事詩的な文体で叙述し,オスマン朝勃興期の歴史に関する最も重要な史料となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アシュク・パシャ・ザーデの関連キーワードメフメットクリスティアン[1世]ジョアン[2世]メフメトハンスアビス朝高知県の建設業後円融天皇李成桂恋する男の告解

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android