生涯(読み)ショウガイ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐がい〔シヤウ‐〕【生涯】

この世に生きている間。一生の間。終生。副詞的にも用いる。「教育に生涯をささげる」「生涯忘れられない出来事」
一生のうち、ある事に関係した期間。「政治家としての生涯
いのち。生命。
「―ニ賭ケテ」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうがい【生涯】

生きている間。一生。副詞的にも用いる。 「 -忘れまい」 「 -をとじる」
ある事に関係した特定の時期。 「公-」 「私-」
生命。 「懸る恐しき者に乗会ひして-を失ふ/太平記 23
生活を営むための生業・所領など。 「過分の儀を為す者は、-を失はるべし/建武式目条々」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐がい シャウ‥【生涯】

〘名〙
① この世に生きている間。一生の間。命のある限り。終生。終身
※文華秀麗集(818)中・待中翁主挽歌詞〈嵯峨天皇〉「生涯如逝川、不慮忽昇仙」
※徒然草(1331頃)一五一「世俗の事に携はりて生涯をくらすは」 〔庾信‐謝趙王賚糸布等啓〕
② 一生のうち、ある事に関係した期間。一生のうちのある時期。公生涯私生涯などの形で用いる。〔陸游‐斎中弄筆偶書示子筆詩〕
③ いのち。生命。
※吾妻鏡‐建久六年(1195)一月八日「闘戦擬生涯。甚非穏便儀之由。直被諷詞
※発心集(1216頃か)四「生涯ただ今を限と思ふに」
④ 命を終えること。また、最期のとき。死を決するとき。
※大乗院寺社雑事記‐文正元年(1466)一〇月五日「為事実者当国引汲衆可為生涯者也」
※幸若・和田宴(室町末‐近世初)「五郎を唯今座敷へひき出さぬ物ならば、しゃうがいなりとおもひて」
⑤ (━する) =しょうがい(生害)
※北野社家日記‐明応二年(1493)三月一六日「今日萩野次郎左衛門尉父子共、為屋形生涯也」
⑥ (それを失えば、いのちの糧、生活のよりどころを無くしてしまうところから) 所領、地位、資格などをいう。
※看聞御記‐応永二五年(1418)一〇月二〇日「此上臈先年木寺宮有密通事。依之彼宮被生涯了」
※大乗院寺社雑事記‐文明六年(1474)一一月二二日「所詮豊田与十市不和之間、蔵院任供目代之間、得時節、十市生涯を取立者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生涯の関連情報