アジアサッカー連盟(読み)あじあさっかーれんめい(英語表記)Asian Football Confederation

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジアサッカー連盟
あじあさっかーれんめい
Asian Football Confederation

アジア地域とオーストラリアのサッカー協会を統括する競技団体。略称AFC。46の国と地域、および準会員(北マリアナ諸島)の協会が加盟(2015年12月時点)。本部はマレーシアのクアラ・ルンプール。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))傘下の6大陸連盟の一つである。1954年にフィリピンのマニラで開催された、第2回アジア競技大会をきっかけに設立された。東南アジア地域のアセアンサッカー連盟Asean Football Federation(AFF)、南アジアサッカー連盟South Asian Football Federation(SAFF)、中央アジアサッカー協会Central Asian Football Association(CAFA)、西アジアサッカー連盟West Asian Football Federation(WAFF)、東アジアサッカー連盟East Asian Football Federation(EAFF)によって組織されている。ナショナルチームが参加するAFCアジアカップやAFC女子アジアカップ、U-16(16歳以下)やU-19などのユースサッカーの大会をはじめ、AFCチャンピオンズリーグ、AFCカップなどのクラブチームの大会のほか、フットサルやビーチサッカーの選手権大会なども主催している。
 創設以来、中東諸国や韓国が強豪とされていたが、1990年代以降は日本や中国などが急成長を遂げ、ソ連の崩壊によって加入してきた中央アジア諸国にも強豪が多い。さらに、2006年にはオーストラリアがオセアニアサッカー連盟から転籍してきたこともあり、各加盟組織間における競技レベルの格差是正が課題になってきた。AFCでは連盟の分割策を検討する一方、2006年からはAFC内で25位以下のチームが参加できるAFCチャレンジカップを開き、競技レベルを段階的に底上げする試みに力を注いできた。このような取組みに一定の成果がみられたため、AFCチャレンジカップは2014年の開催を最後に打ち切られ、かわって、2019年のAFCアジアカップからは、出場チーム数を16から24に拡大することが決められた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アジアサッカー連盟の関連情報