コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連盟 れんめい konfederacja

3件 の用語解説(連盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連盟
れんめい
konfederacja

連合とも訳される。封建時代ポーランドで犯罪者の追討,支配者に対する譲歩の強制など,一定の目的達成のために封建的諸身分または都市が訴えた行動の形式。連盟は目的が達成されると解散された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れん‐めい【連盟/×聯盟】

共同の目的のために行動をともにする誓いを結ぶこと。また、その組織。「国際―」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連盟
れんめい
konfederacjaポーランド語

13世紀末からポーランドのシュラフタ(特権的身分)、聖職者、都市によって、一定の政治的目的をもって臨時に結成された組織。政治的危機の回避、王権の制限、権利の保障などを目的とした。15世紀ごろまでは、おもに空位期の主権代行や非常時の秩序維持を目的として結成されたが、17世紀以降は大貴族の派閥争いの道具となり、国政混乱の原因となった。反面、連盟の決議は多数決制に基づいていたので、シュラフタの特権であるいわゆる「リベルム・ベト(自由な不認可権)」の乱用で麻痺(まひ)した議会の機能を代行した。国王が在位中に、国王自ら結成あるいは承認したもの以外は、国王に対する反乱とされ、とくに「ロコシュ」rokoszとよばれた。この連盟結成権は、リベルム・ベトとともに「五月三日憲法」(1791)によって廃止された。[安部一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連盟の関連キーワードポーランド記法ポーランド回廊ポーランド統一労働者党封建時代AGFISルブリン城粉雪のポルカ阪東宏リスト:6つのポーランドの歌(ショパン)/piano soloARISF

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連盟の関連情報