アストラカン毛皮(読み)アストラカンケガワ(英語表記)astrakhan

翻訳|astrakhan

とっさの日本語便利帳 「アストラカン毛皮」の解説

アストラカン毛皮

アストラハニ(Astrakhan')▼ロシアのカスピ海沿岸、ボルガ川下流域の同名州の州都で、英語ではアストラカン。半砂漠地帯にあり、古くから交通の中心地としても栄えた。中心産業の一つが牧畜業で、子羊の縮れた黒毛皮が「アストラカン毛皮」として知られている。特に一八世紀以降、襟巻きや帽子として人気が高い。また、最も珍重されるカラクール毛皮(karakulまたはcaracul)は、ウズベキスタンブハラの村カラクール(Karakul)原産の羊から採れる毛皮。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android