コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アストラカン毛皮 アストラカンケガワastrakhan

翻訳|astrakhan

とっさの日本語便利帳の解説

アストラカン毛皮

アストラハニ(Astrakhan')▼ロシアのカスピ海沿岸、ボルガ川下流域の同名州の州都で、英語ではアストラカン。半砂漠地帯にあり、古くから交通の中心地としても栄えた。中心産業の一つが牧畜業で、子羊の縮れた黒毛皮が「アストラカン毛皮」として知られている。特に一八世紀以降、襟巻きや帽子として人気が高い。また、最も珍重されるカラクール毛皮(karakulまたはcaracul)は、ウズベキスタンのブハラの村カラクール(Karakul)原産の羊から採れる毛皮。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

アストラカン毛皮の関連キーワードカラクール

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android