コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アストラカン毛皮 アストラカンケガワ astrakhan

翻訳|astrakhan

1件 の用語解説(アストラカン毛皮の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

アストラカン毛皮

アストラハニ(Astrakhan')▼ロシアカスピ海沿岸、ボルガ川下流域の同名州の州都で、英語ではアストラカン。半砂漠地帯にあり、古くから交通の中心地としても栄えた。中心産業の一つが牧畜業で、子羊の縮れた黒毛皮が「アストラカン毛皮」として知られている。特に一八世紀以降、襟巻きや帽子として人気が高い。また、最も珍重されるカラクール毛皮(karakulまたはcaracul)は、ウズベキスタンブハラの村カラクール(Karakul)原産の羊から採れる毛皮。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アストラカン毛皮の関連キーワードアストゥリアスアストラカンアストラハンツァラトゥストラはかく語りきアストリンゼンはにかみピアストルツァラトゥストラヒッペアストラムブハラハン国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone