アスピコニーデ(英語表記)aspikonide

岩石学辞典「アスピコニーデ」の解説

アスピコニーデ

楯状火山と成層火山の中間の火山.シュナイダーの分類の楯状火山(aspite)の上に成層火山(konide)が重なった形態をとる[Schneider : 1911].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android