形態(読み)ケイタイ

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐たい【形態】

〘名〙
① ある組織立った物事の、外から見たかたち。組み立てられている個々の物事のありさま。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四三「嬋娟(せんけん)たる風姿且つ肩背(けんはい)の形態(ケイタイ)を以て」 〔歴代名画記‐唐朝〕
② 心理学で、部分からは導くことのできない有機的に複合したまとまりをいう。ゲシュタルト。→形態心理学

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形態の関連情報