形態(読み)けいたい

精選版 日本国語大辞典「形態」の解説

けい‐たい【形態】

〘名〙
① ある組織立った物事の、外から見たかたち。組み立てられている個々の物事のありさま
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四三「嬋娟(せんけん)たる風姿且つ肩背(けんはい)の形態(ケイタイ)を以て」 〔歴代名画記‐唐朝〕
② 心理学で、部分からは導くことのできない有機的に複合したまとまりをいう。ゲシュタルト。→形態心理学

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「形態」の解説

【形態】けいたい

かたち。形状。〔歴代名画記、唐上〕馮紹正~も鷹鶻鷄雉を善くし、の形態を盡す。觜眼脚爪、毛(とも)に妙なり。

字通「形」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報