形態(読み)ケイタイ

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐たい【形態】

〘名〙
① ある組織立った物事の、外から見たかたち。組み立てられている個々の物事のありさま。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四三「嬋娟(せんけん)たる風姿且つ肩背(けんはい)の形態(ケイタイ)を以て」 〔歴代名画記‐唐朝〕
② 心理学で、部分からは導くことのできない有機的に複合したまとまりをいう。ゲシュタルト。→形態心理学

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形態の関連情報