形態(読み)ケイタイ

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐たい【形態】

〘名〙
① ある組織立った物事の、外から見たかたち。組み立てられている個々の物事のありさま。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四三「嬋娟(せんけん)たる風姿且つ肩背(けんはい)の形態(ケイタイ)を以て」 〔歴代名画記‐唐朝〕
② 心理学で、部分からは導くことのできない有機的に複合したまとまりをいう。ゲシュタルト。→形態心理学

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形態の関連情報