アダプタータンパク質

栄養・生化学辞典の解説

アダプタータンパク質

 チロシンキナーゼ系の信号伝達において,ホスホチロシンを認識して結合し,チロシンがリン酸エステル化されているという信号を細胞内で伝達するタンパク質.PI3-キナーゼのように酵素活性を有するものもあり,Shc,Crkのように有しないものもある.SH-2ドメインやSH-3ドメインなどをもち,このドメインがホスホチロシンを認識するとされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android