アダプタータンパク質

栄養・生化学辞典の解説

アダプタータンパク質

 チロシンキナーゼ系の信号伝達において,ホスホチロシンを認識して結合し,チロシンがリン酸エステル化されているという信号を細胞内で伝達するタンパク質.PI3-キナーゼのように酵素活性を有するものもあり,Shc,Crkのように有しないものもある.SH-2ドメインやSH-3ドメインなどをもち,このドメインがホスホチロシンを認識するとされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android