アッケシケハダウミヒモ(英語表記)Chaetoderma akkeshiensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッケシケハダウミヒモ
Chaetoderma akkeshiensis

軟体動物門無板綱ケハダウミヒモ科。体長 1.6cm,体径 0.1cmぐらい。体は細長い円筒状で,保存個体は銀白色。クチクラ質の体表には2種の小棘がある。前胸部の小棘は棍棒状で,先端が多少太い。その他の部分の小棘は先端のほうが細くなり,体の後方のものほど長く 0.4mmに達する。口は前端にある楕円形の口吻板の中にある。腹側中央に前後へ走る足溝を欠き,後端に総排泄腔がある。北海道厚岸 (あっけし) 湾などの水深 50m内外の砂泥底に産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android