後方/脚辺(読み)アトベ

デジタル大辞泉の解説

あと‐べ【後方/脚辺】

《古くは「あとへ」》
(後方)後ろの方。
「鉄柵よりは数尺ばかりも、―に立ち」〈竜渓経国美談
寝るときの足の方。
「頭辺(まくら)に匍匐(はらば)ひ、―に匍匐ひ」〈神代紀・上〉

こう‐ほう〔‐ハウ〕【後方】

うしろのほう。⇔前方
軍隊で、作戦を支援する補給・輸送・整備などの機能の総称。兵站(へいたん)。→正面装備

しり‐え〔‐へ〕【方/後】

後ろのほう。後方。
「万丈の山千仞(せんじん)の谷前に聳(そび)え―に支(さそ)う」〈鳥居忱・箱根八里〉
競技や物合わせをするときの右のほうの組。
「上の女房、前―と装束(さうぞ)き分けたり」〈絵合

のち‐かた【後方】

のちほど。後刻
「―に鮨(やすけ)でも誂えようか」〈一葉たけくらべ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとべ【後方】

後ろの方。しりえ。 「有洲ありす城の-なる岡の麓ふもとにて/谷間の姫百合 謙澄

こうほう【後方】

うしろのほう。 ⇔ 前方

のちかた【後方】

のちほど。後刻。あと。 「 -に弥助でも誂へようか/たけくらべ 一葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の後方/脚辺の言及

【兵站】より

…アメリカ軍ではロジスティックスlogisticsといい,自衛隊(陸上自衛隊を除く)では後方と呼ぶ。作戦軍の生存と活動を維持・増進するため必要な軍需品,補充員等を本国から追送し,また死傷者,損傷兵器等を取り除いて本国に後送し,それによって作戦を支援する,戦闘地帯から後方の軍の諸活動・機関・諸施設を総称して兵站という。…

※「後方/脚辺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報