後方(読み)アトベ

  • ▽後▽方/▽後
  • あとかた
  • うしろがた
  • こうほう
  • こうほう ‥ハウ
  • こうほう〔ハウ〕
  • しりえ〔へ〕
  • しりざま
  • しるえ ‥へ
  • のちかた
  • 後▽方/▽脚辺

デジタル大辞泉の解説

《古くは「あとへ」》
(後方)後ろの方。
「鉄柵よりは数尺ばかりも、―に立ち」〈竜渓経国美談
寝るときの足の方。
「頭辺(まくら)に匍匐(はらば)ひ、―に匍匐ひ」〈神代紀・上〉
うしろのほう。⇔前方
軍隊で、作戦を支援する補給・輸送・整備などの機能の総称。兵站(へいたん)。→正面装備
後ろのほう。後方。
「万丈の山千仞(せんじん)の谷前に聳(そび)え―に支(さそ)う」〈鳥居忱・箱根八里〉
競技や物合わせをするときの右のほうの組。
「上の女房、前―と装束(さうぞ)き分けたり」〈・絵合〉
のちほど。後刻。
「―に鮨(やすけ)でも誂えようか」〈一葉たけくらべ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

後ろの方。しりえ。 有洲ありす城の-なる岡の麓ふもとにて/谷間の姫百合 謙澄
うしろのほう。 ⇔ 前方
のちほど。後刻。あと。 -に弥助でも誂へようか/たけくらべ 一葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① あとのほう。うしろ。しりえ。こうほう。
※類従本讚岐典侍(1108頃)下「殿のあとかたに寄り奉らせ給ひしかば」
② のちのこと。また、死後のこと。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六八「花車重吉は江戸へ帰りました。跡方は惣吉といふ取って十歳の子供とお隅に母親と」
〘名〙 時間的に二つに分けてあとの方。特に、臨時の儀式である殿上の賭弓(のりゆみ)で、射手を二組に分け、二度目に射るほうの組。⇔前方(まえかた)
※栄花(1028‐92頃)歌合「又賭弓(のりゆみ)あれば、前方、うしろかたと、ことどもわきて」
〘名〙 うしろのほう。後面。〔医語類聚(1872)〕
※橇(1927)〈黒島伝治〉七「兵タイをのせてゐた橇は、三露里も後方に下って」
〘名〙 後ろの方向。しりえ。
※撰集抄(1250頃)三「しづかに聞え侍らんと思ひて、しりざまにつきてまかり侍りぬ」
〘名〙 「しりえ(後方)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三八五「行こ先に波なとゑらひ志流敝(シルヘ)には子をと妻をと置きてとも来ぬ」
〘名〙 のちほど。後刻。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「まっ此よふにあちらこちら、かへてしからば後かたまで、其状箱は足軽弐人へ、預けて置けば互に目代(めしろ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後方の言及

【兵站】より

…アメリカ軍ではロジスティックスlogisticsといい,自衛隊(陸上自衛隊を除く)では後方と呼ぶ。作戦軍の生存と活動を維持・増進するため必要な軍需品,補充員等を本国から追送し,また死傷者,損傷兵器等を取り除いて本国に後送し,それによって作戦を支援する,戦闘地帯から後方の軍の諸活動・機関・諸施設を総称して兵站という。…

※「後方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後方の関連情報