コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトモシリカレナイト atmosilicarenite

岩石学辞典の解説

アトモシリカレナイト

珪酸質の砂岩で,常圧下の風化作用および地下水の濾過作用で岩石の可溶性成分が移動した結果,分解した鉱物粒子と粒の岩屑が残ったもの[Grabau : 1913, Pettijohn, et al. : 1975].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android