コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトリタスの要素 アトリタスのようそconstituent of attritus

岩石学辞典の解説

アトリタスの要素

石炭岩石学で,アトリタス(attritus)を作る物質に関すること.半透明,腐植質,分解した物質,褐色または半透明の物質,不透明物質,樹脂状物質,胞子および花粉,表皮物質,藻類物質など様々である[Thiessen : 1931].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android