半透明(読み)はんとうめい

精選版 日本国語大辞典「半透明」の解説

はん‐とうめい【半透明】

〘名〙 (形動) 透明の度合の少ないこと。透明と不透明との中間であること。その物の向こうにある物体の、形ははっきり見えないが、その色彩明暗などは見える程度であること。また、そのさま。
舎密開宗(1837‐47)内「は玻瓈と磁器の中間なる物なり。白色にして半透明す」
※河霧(1898)〈国木田独歩〉「我と我が亡友との間、半透明(ハントウメイ)の膜一重なるを感じた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android