半透明(読み)はんとうめい

精選版 日本国語大辞典「半透明」の解説

はん‐とうめい【半透明】

〘名〙 (形動) 透明の度合の少ないこと。透明と不透明との中間であること。その物の向こうにある物体の、形ははっきり見えないが、その色彩・明暗などは見える程度であること。また、そのさま。
※舎密開宗(1837‐47)内「此は玻瓈と磁器の中間なる物なり。白色にして半透明す」
※河霧(1898)〈国木田独歩〉「我と我が亡友との間、半透明(ハントウメイ)の膜一重なるを感じた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「半透明」の解説

はん‐とうめい【半透明】

[名・形動]なかば透き通っていること。また、そのさま。「半透明な(の)ガラス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android