コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナタハン[島] アナタハン

百科事典マイペディアの解説

アナタハン[島]【アナタハン】

フィリピン東方,西太平洋に南北に並ぶマリアナ諸島中の死火山島。米自治領で現在は無住戦後,1953年まで少数の日本兵などがとり残されていたことで有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナタハン[島]【Anatahan Island】

西太平洋,マリアナ諸島の無人島。サイパン島の北120kmに位置する。面積3km2。島は東西に長い楕円形の死火山で,中央にクレーター,東西に標高それぞれ702m,774mの峰がある。太平洋戦争中,31名の日本兵と軍属が漂着し,そのまま日本の敗戦を知らずにこの島に残留,1951年にそのうちの19名と,同島に住んでいた日本人女性1名が帰国して話題となった。【青柳 真智子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android