コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナトリア・セルジューク朝 アナトリア・セルジュークちょうAnatolia Seljuk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナトリア・セルジューク朝
アナトリア・セルジュークちょう
Anatolia Seljuk

セルジューク朝の傍系の一族がアナトリアに進出して樹立した王朝 (1077~1307) 。ルーム (アナトリアと同義) ・セルジューク朝とも呼ばれる。王朝の始祖スレイマン・イブン・クトルムシュはアナトリアのほぼ全土を征服し,1081年ニケーアを首都にした。その子キリジ・アルスラーン1世は 97年ドリレウムで第1次十字軍に敗れ,西部アナトリアをビザンチン帝国に奪回された。 1116年中部アナトリアのコニア (ギリシア語のイコニウム) に遷都し,76年ミリオケファロンの戦いでビザンチン軍を撃破したのち,アラー・ウッディーン・カイクバート1世 (在位 1219~37) の治世に政治・経済・文化的に国家の最盛期を現出した。 1243年キョセ・ダウの戦いでモンゴル軍に敗れ,それ以後イランのイル・ハン国に臣属した。 1308年ギャス・ウッディーン・メスート2世が急逝したのち後継者がなく,アナトリア・セルジューク朝は滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アナトリア・セルジューク朝の関連キーワードヒエラポリス[トルコ]ババ・イスハークバイジュ(拝住)アイドゥン侯国ダニシメンド朝カラマン侯国オスマン1世ディブリイ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android