アナモフィックレンズ

百科事典マイペディアの解説

アナモフィックレンズ

シネマスコープなどに用いられる円筒形の補助レンズ。撮影の際にはこのレンズで水平方向のみを約2分の1圧縮し,映写の際には同種レンズで逆に伸長して正しい画像にする。35mm標準フィルムを用いて左右の広がったワイド・スクリーン画面を得ることができる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアナモフィックレンズの言及

【レンズ】より

…これより焦点距離が長いレンズを望遠レンズ,短いレンズを広角レンズという。 特殊用途の写真レンズとして,航空写真用レンズ(広角レンズで歪曲収差が少ないレンズ),シュミットレンズ(非球面を用い明るく広視野),印刷用レンズ(三色分解の必要からアポクロマート),引伸し用レンズ,ICや超LSI製作用レンズ(単色光に対し,画面上ですべての収差が実用的に0),アナモフィックレンズ(円筒レンズを用い,縦と横の倍率が異なるレンズ,シネマスコープ用)などがある。カメラ
[照明用レンズ]
 顕微鏡やスライドプロジェクターなどに光源からの光を導くレンズでコンデンサーとも呼ばれる。…

※「アナモフィックレンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android