撮影(読み)さつえい

精選版 日本国語大辞典「撮影」の解説

さつ‐えい【撮影】

〘名〙
① (━する) 対象物を受像機でうつしとること。写真をとること。映画やビデオなどをとること。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉三「なるたけ野暮に無意気に親なかせ的に撮影いたし候」
② うつされたもの。写真。
(1911)〈徳田秋声〉一〇「その男の撮影を見出さうとしたが、一枚もないらしかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「撮影」の解説

撮影
さつえい
photographing

普通の写真,X線写真,映画,分光写真などでは,対象物の形を光学的な方法で結像させ,その像をフィルム乾板または CCD素子などに当て記録する。この工程を撮影といい,撮影する対象物を被写体という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「撮影」の解説

さつ‐えい【撮影】

[名](スル)写真や映画をとること。「屋外で撮影する」「記念撮影

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android