コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナログ回線 あなろぐかいせん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アナログ回線

ISDNなどのデジタル回線に対する、従来の加入電話回線の呼称公衆回線とも呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

アナログ回線

アナログ信号によって通信する電話回線のことをいいます。普通の音声通話回線のことです。回線の材質ではなく、回線の使い方を指す言葉です。なお、アナログ回線には、ダイヤル回線とプッシュ回線の2種類があります。
⇨ADSL、ISDN、デジタル回線、モデム

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

アナログ‐かいせん〔‐クワイセン〕【アナログ回線】

データや音声をアナログ信号で送受信する回線。デジタル回線と対比して用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アナログ回線の関連キーワードGroup 4規格ブロードバンド放送インターネット用語周波数分割多重方式フォールバック機能AsteriskINSネットナローバンドPPPoEVoDSLH.263加入者回線公衆電話データ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android