アナンタ竜(読み)アナンタりゅう(英語表記)Ananta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナンタ竜
アナンタりゅう
Ananta

インド神話において,ビシュヌ神が瞑想するときに横たわるベッドの役をする (大蛇) の名。シェーシャ Śeṣaともいわれる。また,この竜はブラフマー命令により地底界に住み大地を支えているとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android