大蛇(読み)オロチ

デジタル大辞泉の解説

おろ‐ち〔をろ‐〕【大蛇】

《「ち」は霊威あるものの意》非常に大きなうわばみ。だいじゃ。

おろち【大蛇】[謡曲]

謡曲。宝生金剛喜多流。観世小次郎作。素戔嗚尊(すさのおのみこと)八岐大蛇(やまたのおろち)退治を脚色したもの。

だい‐じゃ【大蛇】

大きなへび。おろち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

大蛇

光岡自動車が2006年から製造、販売している乗用車。2ドアクーペ。トヨタのハリアーのエンジンおよび駆動機構を採用。日本神話に登場する大蛇、ヤマタノオロチをモチーフとした独特なデザインを施している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

おろち【大蛇】

〔「お」は峰、「ろ」は接尾語、「ち」は霊力、また霊力あるものの意〕
大きな蛇。だいじゃ。うわばみ。 「八俣やまたの-」

だいじゃ【大蛇】

大きなヘビ。おろち。うわばみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大蛇の関連情報