コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大地 だいちThe Good Earth

11件 の用語解説(大地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大地
だいち
The Good Earth

アメリカの女流作家パール・バックの小説。 1931年刊。宣教師の娘として生後5ヵ月で中国に渡った作者自身の見聞をもとに,一農夫から身を起して大地主となる王竜 (ワンルン) とその一家の歴史を描いた大作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐つち〔おほ‐〕【大地】

だいち。土地が広大なことをいう語。
「―は採り尽くすとも世の中の尽くし得ぬものは恋にしありけり」〈・二四四二〉

だいち[人工衛星]

JAXA宇宙航空研究開発機構)が開発した陸域観測技術衛星の愛称。平成18年(2006)から平成23年(2011)まで5年3か月間運用され、全世界650万シーンを撮影。大規模災害の観測・情報提供、森林伐採監視・気候変動の影響監視などに成果をあげた。ALOS(エイロス)(Advanced Land Observing Satellite)。
[補説]後継機の「だいち2号」は平成26年(2014)5月に打ち上げられた。

だい‐ち【大地】

《古くは「だいぢ」》天に対する、地。また、広大な土地。「大地の恵み」「緑の大地
[補説]書名・人工衛星は別項。→大地(書名) →だいち人工衛星

だいち【大地】[書名]

《原題The Good Earthパール=バック長編小説。1931年刊。1932年刊「息子たち」、1935年刊「分裂した家」とともに三部作「大地の家」を構成し、貧農の身から大地主になった王竜とその一家の3代にわたる歴史を描く。
《原題、〈フランス〉La Terreゾラの長編小説。1887年刊行。連作小説群「ルーゴンマッカール叢書」の第15巻にあたる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大地【だいち】

P.バックの小説。三部作《大地》(1931年。ピュリッツァー賞受賞),《息子たち》(1932年),《分裂した家》(1935年)の総称。清朝末から中華民国成立までの中国の時代の流れを背景に,農夫から大地主となった王竜,土地から離れたその息子たち,近代化する中国に希望を見いだす孫の王淵の3代を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

タレントデータバンクの解説

大地


芸名
大地

性別
男性

身長
187cm

靴のサイズ
28cm

職種
モデル

プロフィール
モデルとして活動。身長187cm, Chest94cm, Waist82cm, Hips97cm, Shoes28.0cm。今後の活躍が期待される。

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大地

1937年製作のアメリカ映画。原題《The Good Earth》。パールバックの同名小説の映画化。監督:シドニーフランクリン、出演:ポール・ムニ、ルイーゼ・ライナー、ウォルター・コメリーほか。第10回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同主演女優賞(ルイーゼ・ライナー)、撮影賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だいち【大地】

(天に対して)地上。人々が生活をいとなむ場としての地上。また、広くて大きな土地。 「 -を耕す」
[句項目]

だいち【大地】

パール=バックの長編小説。三部作「大地の家(The House of Earth)」の第一部。1931年作。第二部「息子たち」、第三部「分裂せる家」。波乱の中国を背景に、一貧農から大地主になった王竜とその一家の歴史を描く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大地
だいち
The Good Earth

アメリカの女流作家パール・バックの長編小説。1931年刊。三部作『大地の家』The House of Earthの第一部。主人公王竜(ワンロン)は中国の貧農で、土地の豪族黄家の奴隷阿蘭(アーラン)を妻にもらい受ける。彼女は夫を助け、天災や暴動などの試練にもよく耐え、ひたすら家の繁栄に力を尽くす。妻の旧主家の土地を買い取り、やがて大地主となった王竜は、茶屋の女蓮華(リエンホウ)を家に入れ、妻妾(さいしょう)同居の生活が始まる。阿蘭は正妻としての権威を守り、妾(めかけ)の自由なふるまいを許さなかった。一方、王竜は漁色家ながら、土地や財産の管理に関しては抜け目がなかった。土地はやがて分割され3人の息子たちの所有になる。『息子たち』(1932)、『分裂せる家』(1935)とテーマは展開する。この作品には、波乱の中国史を背景に、中国事情に対する作者の深い理解がうかがえる。発刊後ベストセラーとなり、1932年ピュリッツァー賞を受けた。[板津由基郷]
『新居格訳『大地』全4巻(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大地の関連情報