コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アノイリナーゼ アノイリナーゼaneurinase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アノイリナーゼ
aneurinase

チアミナーゼ thiaminaseともいう。淡水魚,貝類,微生物などに存在するビタミン B1 分解酵素。日本人によって発見された。ビタミン B1 分解菌が寄生すると,このアノイリナーゼが働き,腸管内で食物中のビタミン B1 を破壊するため,ビタミン B1 欠乏症の原因の一つになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アノイリナーゼの関連キーワード成長期に食べさせたい食品ビタミンB1と代謝異常活性ビタミン剤ビタミン剤ハマグリシジミワラビネギ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android