アノジーン動力変成作用(読み)アノジーンどうりょくへんせいさよう(英語表記)anogene dynamometamorphism

岩石学辞典の解説

アノジーン動力変成作用

地殻上部で行われる変成作用で,圧砕作用(cataclasis)と水和作用(hydration)が特徴[Becke : 1892, 1913].アノジーン(anogene)は深部の変成作用に関係する物質で形成された岩石の一般的名称.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android