コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変成作用 へんせいさようmetamorphism

翻訳|metamorphism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変成作用
へんせいさよう
metamorphism

既存の岩石が,それらが最初できたときとは違う温度,圧力,化学的条件のもとで,固体のままで再結晶作用を行い,新しい条件に応じた別の鉱物組成,岩石組織を有する岩石に変化する作用。変成作用の物理条件 (温度,圧力) の上限は,岩石が溶融する条件で限定される。低温では変成作用が続成作用に移化する。風化作用や局部的な熱水変質作用は変成作用には含まれない。貫入火成岩の熱的影響による接触変成作用と,造山運動に伴って広範囲の岩石が変成される広域変成作用とに大別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へんせい‐さよう【変成作用】

地下深部で、既存の岩石が温度や圧力の上昇によって変化し、鉱物組成や組織の違う岩石になること。この変化は大部分が固体の状態のままで起きる。広域変成作用接触変成作用などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

変成作用【へんせいさよう】

地質学的原因によって既存の岩石の鉱物組成,組織,構造,ときに化学組成が変化させられ新しい種類の岩石(変成岩)がつくられる作用。それぞれ特徴的な地質学的現象と結びついて特徴的な変成岩ができる。
→関連項目続成作用変成鉱床変成帯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

変成作用

この語がフィリップスによって用いられる以前に,ハトンの時代にはすでにmetamorphosisやmetamorphosedという語が使用されていた[Phillips : 1837, Hutton : 1795, Boue : 1820, Boase : 1834].一般に変成作用とは岩石が温度,圧力,化学的な条件の変化に対応して再結晶作用や化学反応を行い,鉱物学的あるいは組織構造が変化する過程をいう.新しく物質が添加される場合もある.起こる深さは風化作用,続成作用や膠結作用の地帯以下であって,流体の作用が支配的には影響しない場合をいう[Holmes : 1920, Mehnert : 1968].
変成岩の研究の初期の段階では変成作用に変質作用(alteration)と分解作用(decomposition)のすべてを含めていた[Van Hise : 1904, Leith & Mead : 1915].このように広義に変成作用を解釈する人々も,内容的には風化帯(weathering zone)と膠結帯(cementation zone)とに分けて区別している.ヴァン・ハイスやリースとミードは変成作用(metamorphism)を解析変成作用(katamorphism)と合成変成作用(anamorphism)とに分けている.現在では風化作用,続成作用,膠結作用などの変質作用は含めない.このような広義の変成作用の解釈は変質作用との区別がなくなり,適当な使用法ではない.語源を考えなければこれらの内因的な変質作用を制限した方が便利である[Daly : 1917, Tomkeieff : 1983].
初期の変成作用の研究では変形作用(deformation)に重点が置かれていたが,次第に化学変化が重要視されるようになった.しかし温度と圧力による作用のみを変成作用と解釈して,化学変化を別に交代作用(metasomatism)として区別する考えがあった.後に交代作用を合わせて変成作用と考えるようになったが,ターナーらは変成過程(metamorphic process)と交代過程(metasomatic processs)とを区別している[Turner & Verhoogen : 1951].
変成作用は物理的および化学的な環境条件の変化に対して鉱物学的・化学的および組織構造的に岩石が適応することである.一般には変成作用の温度の上限は岩石が熔融する温度であり,岩石の組成・種類や水などの揮発性成分により異なる.低温では変成作用は続成作用に移行するとされている[片山ほか : 1970].しかし高温部では部分熔融との区別が難しく,低温部では弱い変成相の存在が知られており,どの程度からを変成作用とするかは問題がある.ギリシャ語のmetamorphosisは形の変化の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんせいさよう【変成作用 metamorphism】

岩石がいったんできたあとで,それができたときとは異なる温度・圧力の状態で化学反応を起こし,元の鉱物組成とは違った鉱物組成になるプロセスを指す。たとえば砂岩泥岩に高温のマグマが貫入したとき,マグマの周囲の岩石は高い温度状態に置かれる。このとき砂岩や泥岩に含まれる石英斜長石,雲母などの鉱物は化学反応を起こして,黒雲母やキン青石,カリ長石などの鉱物が生ずる。このように岩石中で新しく鉱物が成長するプロセスを再結晶作用という(再結晶作用という場合,微粒の結晶が大きく成長するプロセスもいうが,ふつうは化学反応によって新しく鉱物が成長することをいう)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へんせいさよう【変成作用】

地殻の内部で既存の岩石が固相のまま、温度や圧力などの変化によって、鉱物組成・組織などが変化する作用。広域変成作用・接触変成作用が主なもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変成作用
へんせいさよう

地殻の内部で、岩石の組織と鉱物組成とが、その場所での物理化学的条件に適合するように再構成されること。ここで物理化学的条件とは、温度、圧力、岩石中の水や炭酸ガスなどの圧力、岩石に働く変形作用などで、なかでも温度の効果が大きい。堆積(たいせき)岩はそれが生成したときよりも高い温度条件で、火成岩は低い温度で再構成されるのが普通である。[橋本光男]

変成作用の条件と分類

変成作用がおこる地質学的条件にはいろいろな場合がある。一つは、火成岩マグマの貫入に伴って、その周辺の岩石の温度が上昇し、そのために変成作用がおこる場合で、それを接触変成作用という。この場合、支配的要因はもっぱら温度の上昇であるため、熱変成作用ということもある。一方、火成岩マグマの貫入とは直接関係なく、地殻内で広域にわたって温度が上昇すると、広い範囲の岩石が変成作用を受け変成岩になる。このような場合は広域変成作用とよばれる。広域変成作用は地殻変動に伴っておこるのが一般で、温度上昇のみならず、変形作用を伴うことが多い。さらに、堆積作用の進行に伴って、地層やその間に挟まれる火山岩が地下に埋没されていくと、それらは一般的な地温勾配(こうばい)の影響の下に再構成されることがある。このような場合は埋没変成作用という。埋没変成作用では温度はあまり高くならず、変形作用も著しくない。
(1)接触変成作用 前述のように、地殻の一部にマグマが貫入すると、その熱のために周囲の岩石の温度が上昇し、既存の造岩鉱物の間に反応がおこり、その結果、高い温度で安定な鉱物の組合せが生ずる。この際、変形作用は伴わないことが普通で、そのため生成する新しい鉱物組成の岩石は、片理のような特殊な構造をもつことなく、無構造ともいうべき組織を示す。このような変成岩をホルンフェルスという。接触変成作用のときには、温度上昇に比して圧力は高くないので、ホルンフェルスの造岩鉱物には、高圧鉱物は含まれない。さらに、マグマの中に周囲の岩石が取り込まれ、著しい高温条件に置かれると、一部が溶けたり高温で安定な鉱物ができる。このような場合は高温変成作用またはパイロ変成作用という。
(2)広域変成作用 これは何百キロメートルにも及ぶ広大な地域に変成岩が生成する現象で、造山運動の重要な要素の一つである。この場合には、岩石に変形作用が働くことが多く、そのため、生成する広域変成岩は顕著な方向性組織、すなわち片理や縞状(しまじょう)構造をもつ結晶片岩や片麻(へんま)岩になる。広域変成作用では温度とともに圧力も重要な要因であって、温度と圧力の比によって高圧低温型、中圧型、および低圧高温型など、いくつかの場合に分けられる。高圧低温型広域変成作用では、藍閃(らんせん)石、ローソン石、ひすい輝石などの高圧鉱物が生成する。また、この種の変成作用は、プレートの沈み込み帯に生ずるといわれている。
(3)埋没変成作用 火成岩マグマの貫入や造山運動などのような著しい地変に伴うことなく、地層や岩石の単なる埋没によっておこる変成作用。温度も圧力もあまり高くならず、変形作用も働かないので、岩石の再構成は完全でなく、もとの組織や鉱物が残っていることが多い。生成する鉱物も、沸石類やぶどう石のように、低温で安定なものである。
 いろいろな変成作用を受けるとき、岩石全体の化学組成は著しく変化しないのが普通である。もっとも、水H2Oは、変成作用の温度が低いときには多く、高ければ少なくなる傾向があり、一般に水の量は変成作用に伴って変化する。ときには岩石全体の化学組成も著しく変化し、そのため鉱物組成もその影響を受けることがある。そのような場合をとくに交代作用という。交代作用はマグマの貫入を受けた石灰岩層などによくみられ、またそれに伴っていろいろな鉱床、つまり有用鉱石鉱物の集合体のできることもある。
 変成作用による岩石の再構成は、一般に固体状態のままでおこる。すなわち、変成作用のときに造岩鉱物間でおこる反応は、固体反応である。そのことは、変成岩がしばしば、もとの堆積岩や火成岩の組織を受け継ぎ、保存していることから推察される。いいかえると、変成岩は堆積岩や火成岩の組織を保ち、鉱物だけが変化したものともいえる。[橋本光男]

変成相

変成作用は、堆積岩の生成温度よりも高く、マグマの温度よりも低い温度範囲でおこる。それはほぼ100℃から700℃ぐらいにわたる。一方、圧力はほとんど常圧から1万気圧以上に及ぶこともある。このように広い温度圧力範囲は、いくつかに分割、分類され、それぞれは変成相(または単に相)とよばれている。変成相は、その条件下で生成する特徴的な岩石あるいは鉱物の名前をとって、次のように名づけられている。
(1)沸石相 温度も圧力ももっとも低い場合。埋没変成作用の条件。
(2)ぶどう石パンペリー石相 沸石相よりもやや高温。
(3)緑色片岩相 温度がさらに高い場合。広域変成作用の最低温度条件。
(4)角閃岩相 変成相のなかでももっとも重要なもの。角閃岩や片麻岩のできる条件。
(5)藍閃石片岩相 温度に対して圧力の高い場合。高圧鉱物を生ずる。
(6)緑簾(りょくれん)石角閃岩相 (3)(4)および(5)の中間的条件の場合。
(7)グラニュライト相 広域変成作用の最高温度条件。マグマの温度に近い。
(8)エクロジャイト相 温度も圧力もきわめて高い場合。地殻下部や上部マントルの条件。
(9)輝石ホルンフェルス相 圧力に比して温度の高い場合。接触変成作用の高温部の条件。
(10)サニディナイト相 溶岩中の捕獲岩のように、圧力は常圧に近いが、温度がきわめて高い条件。岩石の一部は溶融することがある。[橋本光男]
『都城秋穂著『変成岩と変成帯』(1966・岩波書店) ▽橋本光男著『日本の変成岩』(1987・岩波書店) ▽杉村新・中村保夫・井田喜明編『図説地球科学』(1988・岩波書店) ▽都城秋穂著『変成作用』(1994・岩波書店) ▽平朝彦・徐垣・鹿園直建・広井美邦・木村学著『岩波講座地球惑星科学9 地殻の進化』(1997・岩波書店) ▽坂野昇平・鳥海光弘・小畑正明・西山忠男著『岩石形成のダイナミクス』(2000・東京大学出版会) ▽周藤賢治・小山内康人著『岩石学概論』上下(2002・共立出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

変成作用の関連キーワード単相変成作用的ダイアフトレシスパイロコウスティック変成作用ハイダトサーマル変成作用オプタリック変成作用メタケミカル変成作用シンフラッテイズム等化学的変成作用アロミグマタイトダイアジェニズム外因的変成作用地殻内変成作用アンキ変成作用動力熱変成作用降温期変成作用動力静変成作用プルト変成作用圧接触変成作用後退変成作用気成変成作用多重変成作用

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android