コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブギラブ油田 アブギラブゆでんAbu Ghirab oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブギラブ油田
アブギラブゆでん
Abu Ghirab oil field

イラク南東部のイランとの国境付近に位置する油田。1971年にフランスエルフが発見し,1973年石油公団,住友石油開発,三菱石油開発,その他数社で構成される日本イラク石油開発が,開発請負操業に参加した。1976年に生産を開始したが,翌 1977年には国有化され,イラク国営石油 INOCの管理下に置かれた。生産された原油は,バスラヘビーという名で輸出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブギラブ油田の関連キーワードブズルガン油田フォーキ油田

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android