コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブレーション氷礫土 アブレーションひょうれきどablation till

岩石学辞典の解説

アブレーション氷礫土

氷の表面から蒸発や熔融したことで氷で運ばれたか氷の中にできた粘土分の乏しい氷礫土(till)[Flint : 1947, 1971, Price : 1973].漂積物(drift)という語は層状堆積物も層状でない堆積物も含んでおり,漂礫土(till)は層状でない堆積物に関係しているので,フリントはablation driftという語を使用する方がよいとする[Flint : 1971].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

アブレーション氷礫土の関連キーワードスーパーグレーシャル氷礫土

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android