コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブレーション氷礫土 アブレーションひょうれきど ablation till

1件 の用語解説(アブレーション氷礫土の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アブレーション氷礫土

氷の表面から蒸発や熔融したことで氷で運ばれたか氷の中にできた粘土分の乏しい氷礫土(till)[Flint : 1947, 1971, Price : 1973].漂積物(drift)という語は層状の堆積物も層状でない堆積物も含んでおり,漂礫土(till)は層状でない堆積物に関係しているので,フリントはablation driftという語を使用する方がよいとする[Flint : 1971].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブレーション氷礫土の関連キーワードアブレーション蒸発蒸発散蒸気霧滲炭冷凍焼け表面発酵法差別的アナテクシス熔解表面光電効果

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone