コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブレーション氷礫土 アブレーションひょうれきどablation till

岩石学辞典の解説

アブレーション氷礫土

氷の表面から蒸発や熔融したことで氷で運ばれたか氷の中にできた粘土分の乏しい氷礫土(till)[Flint : 1947, 1971, Price : 1973].漂積物(drift)という語は層状堆積物も層状でない堆積物も含んでおり,漂礫土(till)は層状でない堆積物に関係しているので,フリントはablation driftという語を使用する方がよいとする[Flint : 1971].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

アブレーション氷礫土の関連キーワードスーパーグレーシャル氷礫土

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android