コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマオブネガイ あまおぶねがい

1件 の用語解説(アマオブネガイの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマオブネガイ
あまおぶねがい / 蜑小舟貝
[学]Theliostyla albicilla

軟体動物門腹足綱アマオブネガイ科の巻き貝房総半島以南からインド洋、西太平洋の岩磯(いわいそ)にもっとも普通にみられる貝の一種。殻高25ミリメートル、殻径30ミリメートルぐらいの半球形で、殻は堅く、螺塔(らとう)は低く、体層が大きい。殻表は黒色地に黄白斑(はん)があり、低い螺肋(らろく)が20本ほどある。殻口は半月形で、外唇は丸く、軸唇はまっすぐで数個の浅く弱い切れ込みがあり、そこに広がる黄白色の滑層には小さいいぼがある。蓋(ふた)は石灰質で半月形。夏、秋季に岩の上に楕円(だえん)形の卵嚢(らんのう)を産み付ける。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアマオブネガイの言及

【アマガイ(蜑貝)】より

…海岸の岩場にすむ殻の厚い半円形のアマオブネガイ科の巻貝(イラスト)。殻の高さ1.8cm,太さ1.9cmくらい,表面は滑らかで黒色の地に黄白の斑点や色帯がある。…

※「アマオブネガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone