卵嚢(読み)らんのう(英語表記)egg capsule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「卵嚢」の解説

卵嚢
らんのう
egg capsule

は産み出されるまでに種々の物質で包まれるが,これらの膜のうち,第三次卵膜で強くて袋状をしているものをいい,卵の保護と水分保持,他物や卵同士の付着受精の成立などに役立つ。軟体動物の頭足類,腹足類の卵に多くみられる。ナガニシテングニシなどの卵嚢は,「うみほおずき」といわれ,タツナミガイアメフラシの卵を包む細長い寒天質は「海そうめん」,ツメタガイの卵は「砂茶碗」といわれる。サメエイの卵も卵嚢に包まれ,サメのものは「掛け守り」といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「卵嚢」の解説

らん‐のう ‥ナウ【卵嚢】

〘名〙 卵を包む嚢状のもの。ナガニシなどの巻き貝の卵嚢はウミホオズキと呼ばれ、アメフラシなどの卵嚢はウミソウメンともいう。ミミズ、線虫、サメなど多くの動物で見られる。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「卵嚢」の解説

らん‐のう〔‐ナウ〕【卵×嚢】

卵を包む強靭きょうじんな袋状のもの。海産の巻き貝類にみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android