コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵嚢 らんのう egg capsule

2件 の用語解説(卵嚢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵嚢
らんのう
egg capsule

卵は産み出されるまでに種々の物質で包まれるが,これらの膜のうち,第三次卵膜で強くて袋状をしているものをいい,卵の保護と水分保持,他物や卵同士の付着,受精の成立などに役立つ。軟体動物の頭足類,腹足類の卵に多くみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らん‐のう〔‐ナウ〕【卵×嚢】

卵を包む強靭(きょうじん)な袋状のもの。海産の巻き貝類にみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卵嚢の関連キーワードクロロゲン酸代謝拮抗物質生み出す・産み出すエクトプラズム螵蛸包まる接合剤水素運搬体火山放出物ヴァンスライク公式(臨床医学)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卵嚢の関連情報