アミド化(読み)アミドカ

化学辞典 第2版「アミド化」の解説

アミド化
アミドカ
amidation

生理活性ペプチドのあるものは,C末端カルボキシル基がアミド化されている.このアミド化は翻訳後に酵素的に起こるもので,アミド化はそれらのペプチドの活性発現に不可欠である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android