アメリカ篠懸の木(読み)アメリカスズカケノキ

デジタル大辞泉の解説

アメリカ‐すずかけのき【アメリカ×篠懸の木】

スズカケノキ科の落葉高木。葉は大きくて切れ込みがあり、柄が長い。初夏、淡黄緑色の小花が球状に集まって咲く。北アメリカの原産。庭木・街路樹とする。ボタンノキ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アメリカすずかけのき【アメリカ篠懸の木】

スズカケノキ科の落葉高木。北アメリカ原産。街路樹・庭木とする。樹皮は黒褐色で縦に割れ、剝げにくい。葉は大きく、浅く三~五裂。果実は球状果で、柄の先に一個ついて垂れ下がる。ボタンノキ。プラタナス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android