コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

街路樹 ガイロジュ

5件 の用語解説(街路樹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がいろ‐じゅ【街路樹】

街路に沿って並べて植えてある樹木。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

街路樹【がいろじゅ】

街路に一定の間隔で植えられた樹木。都市に美観を与え,夏に日陰をつくり,大気を清浄化するなどの役目をする。樹種は樹齢が長く,病虫害に抵抗性が強く,都市特有の大気汚染や踏み固められた地面に耐える落葉樹であることが要求される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がいろじゅ【街路樹 street tree】

都市の市街地内の道路に,都市景観をよくし,都市環境の保全・向上をはかり,さらに直接には防風,防塵,防煙,防暑,防火などに役だつことを目的として植えられた樹木をいう。現実には,街路の歩道の車道際またはとくに設けられた植樹帯に一定の間隔をおいて並木として列植されることが多い。街路樹は,市街地内の石やコンクリートなど無機物の多い景観に,暖かいいきいきとした美しさをもたらし,人々に安らぎを与えるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

がいろじゅ【街路樹】

都市の美観や環境の向上・保全のため、街路に沿って列植された樹木。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

街路樹
がいろじゅ

市街地の道路の両側に列植された樹木をいう。日本では一般に並木と街路樹とが混同されることが多いが、外国では通常、市街並木すなわち街路樹と、地方並木(並木)とは区別されている。なお、並木とは高木を列植したものをいい、低木の場合は並木とはいわない。
 街路樹は、普通、同一樹種が等間隔に植えられるが、ときには異なった樹種が混植されたり、不規則に植えられることもある。街路樹の効用としては、大気の浄化、炭酸ガスの吸収と酸素の供給といった環境衛生的な側面にあわせて、緑陰、寒暑の調節といった効用もある。さらには、風致美観ならびに保安、道標などの効用がある。しかし、路面の損傷、住居の日照、落葉の被害、交通障害、溶雪作業の妨害といったマイナス面の指摘されることもある。
 世界でもっとも古い街路樹は、約3000年前にヒマラヤ山麓(さんろく)につくられた街路グランド・トランクであろうといわれる。これはインドのコルカタ(カルカッタ)からアフガニスタンの国境にかけての幹線の街路であり、一部は舗石を敷き詰め、中央と左右の計3筋に並木が連なっていたという。中国では約2500年前の周(しゅう)時代にすでに壮大な並木、街路樹がつくられていた。
 日本の並木、街路樹の起源も古く、『日本書紀』によると、敏達(びだつ)天皇(在位572~585)のころ難波(なにわ)の街路にクワが植えられたとある。聖武(しょうむ)天皇(在位724~749)のときには、平城京にタチバナとヤナギが植えられている。さらに遣唐使として入唐(にっとう)した東大寺の僧普照(ふしょう)が754年(天平勝宝6)に帰朝し、唐の諸制度とともに並木、街路樹の状況を奏上し、759年(天平宝字3)に太政官符(だいじょうかんぷ)で街路樹を植栽することが決められた。これが行政上の立場から街路樹が植えられた始まりである。桓武(かんむ)天皇(在位781~806)時代には、平安京にヤナギとエンジュが17メートル間隔に植えられ、地方には果樹の植栽が進められた。その後、鎌倉時代にはサクラ、ウメ、スギ、ヤナギが植えられている。江戸時代になると、各地にマツ、スギ、ツキ(ケヤキの古名)などが植えられた。
 近代的な街路樹は、1867年(慶応3)に横浜の馬車通りにヤナギとマツが植えられたことに始まる。74年(明治7)には東京の銀座通りにサクラとクロマツが植えられたが、木の成長が悪く、84年になってシダレヤナギに植えかえられている。1907年(明治40)になると、白沢保美(しらさわほみ)、福羽逸人(ふくばはやと)の街路樹の改良計画に基づいて、イチョウ、スズカケノキ、ユリノキ、アオギリ、トチノキ、トウカエデ、エンジュ、ミズキ、トネリコ、アカメガシワの10種が街路樹として選定・植栽され、ほぼ今日の街路樹体制の基ができあがった。のちにイヌエンジュ、シダレヤナギ、ソメイヨシノ、ミツデカエデが追加され、ミズキ、アカメガシワは成績不良で廃止された。
 1977年(昭和52)の調査(林弥栄ほか)によると、東京都23区内の街路樹総本数は15万5000本、三多摩地区5万1000本、総計20万6000本である。このうち、本数の多い樹種はイチョウ、プラタナス、トウカエデ、シダレヤナギ、エンジュ、サクラ、ケヤキの順となっている。また、全国主要都市160の街路樹は、1967年の調査によると、105種、総本数52万本であった。本数の多い樹種を順にあげると、プラタナス、イチョウ、シダレヤナギ、ニセアカシア、カロリナポプラ、ソメイヨシノ、アオギリとなる(両調査以降、新しい調査は行われていない)。世界各国における街路樹種は200種に達し、もっとも広く用いられているのはポプラ類、プラタナス類、シナノキ類、ニレ類であり、これを世界四大街路樹とよんでいる。次いで多いのはニセアカシア類、カエデ類、トチノキ類である。
 街路樹の選定にあたっては、その地方の気候風土に適応し、樹性強健で、大部分の土地で生育でき、乾燥に耐え、大気汚染などのいわゆる公害に対して抵抗力のあるものが望まれる。さらには、太陽熱、反射熱や病害虫に強く、深根性の樹種が選ばれる。
 また、有毒、不快な臭気、刺(とげ)、有害液などを出さないという環境衛生的な面や、剪定(せんてい)、整枝によく耐え、上長成長が早く、まっすぐな樹幹をなし、下枝がよくそろい、樹形が整然として優美であるといった美観の面も考慮される。専門的には、大量な育苗栽培が可能で、しかも移植が容易で活着後の生育のよいものが街路樹としての条件となる。[林 弥栄]
『本間啓監修『世界と日本の街路樹』(1982・日本交通公社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の街路樹の言及

【並木】より

…景観の美化,緑陰,防風,防火,防音,防塵などを目的とし,里程標とされることもある。市街地の場合は街路樹と呼ばれる。
[日本]
 奈良時代の759年(天平宝字3)に東大寺の普照の奏状により五畿七道の駅路の両側に果樹を植えさせ,木陰を旅人の休息場とし,木の実を食料とさせる官符が出ているのが街道の並木の始まりとされ,平安時代にも引き続き果樹が植えられている。…

※「街路樹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

街路樹の関連キーワード街区コナーベーション市街地市街電車都市施設景観法流通業務地区都市景観の日都市階級京都市の新景観政策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

街路樹の関連情報