コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭木 ニワキ

デジタル大辞泉の解説

にわ‐き〔には‐〕【庭木】

庭に植える樹木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にわき【庭木】

庭に植える樹木。庭にある樹木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庭木
にわき

庭に植え込む目的で栽培し、仕立てた樹木を植木とよび、その植木を庭に植え込んだものを庭木という。庭木は美しい姿や色を観賞するほかに実用性も兼ねること、手入れも容易なことなどを踏まえて樹種を選定する。
 庭木の植栽は、観賞を目的とした人工の自然縮図をあしらった修飾植栽と、生活に役だつ実用本位の植栽に区別することができる。
 庭木はその地域によって樹種、形態、生育特性がある。共通要素からは、常緑樹と落葉樹、針葉樹と広葉樹、高木と低木のように大別できる。庭木は緑化樹と異なり形が特徴づけられる樹種がよく、とくに刈込み、形づけられた姿が美しく上品であることが必要である。また幹(樹皮)は荒々しさや艶(つや)のあるもの、葉は新葉(芽)、成葉、紅葉が楽しめるもの、実(み)は特徴をもった果実の色、形が観賞できるものがよい。
 植え込みにあたっては、庭木相互間の調和とともに、健全に生育させることに心がける。配植に特色をつけるには、庭の中心となる部分に主木を置き、あしらいの木、根締め、境栽といった配列に気をつけると、まとまりが出てくる。また、門や日除(よ)けといった部分的植え込みも、全体の調和のなかに含めて考慮する必要がある。
 庭木は自然形仕立てといっても手入れが必要で、とくに人工的に仕立て管理するものは、成長時期にあわせて整姿剪定(せんてい)、刈込み、芽摘みといった作業が必要である。1~2年放置して、内枝が枯れると、形が崩れる。また樹形の回復はたいへんむずかしくなる。寄せ植えしたものや土地条件が悪いと、根づまりしたり下枝の生育、葉色が悪くなる。したがって、断根、施肥、客土などの手当てをして維持管理する作業も必要になる。[堀 保男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

庭木 (ニワキ)

植物。ヒガンバナ科の多年草,薬用植物。スイセンの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

庭木の関連キーワードチャボ檜葉・チャボ桧葉ジンチョウゲ(沈丁花)園芸農業・園藝農業カンツバキ(寒椿)アメリカ篠懸の木ワシントンヤシボケ(木瓜)プラタナスチャボ檜葉ピラカンサ雨水タンク貝塚伊吹羽団扇楓三葉躑躅深山霧島多行松藁囲い猿猴杉羅漢槙枝打ち

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庭木の関連情報