コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ障害者法(読み)アメリカしょうがいしゃほう(英語表記)Americans with Disabilities Act; ADA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ障害者法
アメリカしょうがいしゃほう
Americans with Disabilities Act; ADA

障害者差別を禁止するアメリカ合衆国の法律。1990年7月制定。「障害をもつアメリカ人法」ともいう。心身に病気や障害をもつ人々の社会に参加する権利を保障し,政府,企業,公共・民間施設の運営者に対して必要な条件の整備を義務づけた。心身障害者の増加と根強い社会的差別を背景に,全米障害者評議会 National Council on Disability; NCDが 1986年に法制化を提起した答申書『自立へ向かって』Toward Independenceに基づく。雇用,公共交通機関,公共施設や建築,通信といったサービスに関する差別禁止条項が定められている。アメリカにおける差別撤廃運動の一つとして,1964年の公民権法,1973年のリハビリテーション法以来の画期的な法律と高く評価された。またユニバーサルデザインが発展するきっかけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android