自立(読み)じりつ

精選版 日本国語大辞典「自立」の解説

じ‐りつ【自立】

〘名〙
① 他への従属から離れてひとりだちすること。一本立ち。〔文明本節用集(室町中)〕
※浄瑠璃・忠義墳盟約大石(1797)七「算用酒は預けて置、自立(ジリツ)の時に張込みや」 〔史記‐田儋伝〕
② 他の力をかりることなく、また他に従属することなしに存続すること。
※新聞雑誌‐六号附録・明治四年(1871)七月「国の能自立して外敵の侮を受けざる所以の者は」
③ 自分で帝王の位につくこと。
※中華若木詩抄(1520頃)上「公子光は、元来呉王を殺して、自立して、王にならんとの志あり」 〔戦国策‐楚策〕

じ‐りゅう ‥リフ【自立】

〘名〙 (「りゅう」は「立」の正音、「りつ」は慣用音)
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「かかる筆の文(あや)をもて、などて自立(ジリウ)せざるこそ不審(いぶかし)けれ」
② 自分の考えを堅持すること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「自立」の解説

じ‐りつ【自立】

[名](スル)
他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。「精神的に自立する」
支えるものがなく、そのものだけで立っていること。「自立式のパネル」
[類語](1独立自活一本立ち独り立ち独り歩き一人独立独歩自力独力独歩専行独行孤軍奮闘一匹狼アウトサイダー異端者異分子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「自立」の解説

【自立】じりつ

自力で行う。〔礼記、行〕儒に忠信以て甲冑と爲し、禮義以て干櫓(かんろ)(たて)と爲し、を戴きて行き、義をきて處(を)り、暴りと雖も(か)へず。其の自立すること此(かく)の如きり。

字通「自」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android