自立(読み)ジリツ

デジタル大辞泉の解説

じ‐りつ【自立】

[名](スル)
他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。「精神的に自立する」
支えるものがなく、そのものだけで立っていること。「自立式のパネル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じりつ【自立】

( 名 ) スル
他の助けや支配なしに自分一人の力だけで物事を行うこと。ひとりだち。独立。 「親もとを離れて-する」
自ら帝王の位に立つこと。 「其後-して呉王となる/中華若木詩抄」 → 自律(補説欄)独立(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐りつ【自立】

〘名〙
① 他への従属から離れてひとりだちすること。一本立ち。〔文明本節用集(室町中)〕
※浄瑠璃・忠義墳盟約大石(1797)七「算用酒は預けて置、自立(ジリツ)の時に張込みや」 〔史記‐田儋伝〕
② 他の力をかりることなく、また他に従属することなしに存続すること。
※新聞雑誌‐六号附録・明治四年(1871)七月「国の能自立して外敵の侮を受けざる所以の者は」
③ 自分で帝王の位につくこと。
中華若木詩抄(1520頃)上「公子光は、元来呉王を殺して、自立して、王にならんとの志あり」 〔戦国策‐楚策〕

じ‐りゅう ‥リフ【自立】

〘名〙 (「りゅう」は「立」の正音、「りつ」は慣用音)
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「かかる筆の文(あや)をもて、などて自立(ジリウ)せざるこそ不審(いぶかし)けれ」
② 自分の考えを堅持すること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自立の関連情報