アラナ・ゴイリ(英語表記)Sabino de Arana Goiri

世界大百科事典 第2版の解説

アラナ・ゴイリ【Sabino de Arana Goiri】

1865‐1903
スペイン,バスク地方主義運動の創始者。ビルバオのカルリスタ系海運業者の子。バスク語とバスクの歴史研究を通じて,〈カトリック,バスク民族,旧地方特権〉をスローガンとする地方分離主義の政治運動を開始した。1898年地方議会議員。反中央政府の言動で投獄された。晩年,自治主義に思想転換したともいわれ,彼の創設した政治組織は,大衆政党バスク・ナショナリスタ党(PNV)に発展した。【渡部 哲郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android