アラビア・ペトレア(英語表記)Arabia Petraea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アラビア・ペトレア」の解説

アラビア・ペトレア
Arabia Petraea

シナイ半島を含む北西アラビアをさす。ローマ人が「岩地のアラビア」と呼んだ地方で,アラビア・フェリクス(幸福なアラビア)およびアラビア・デセルタ荒れ地のアラビア)と対置される。ペトラがその中心(→ペトラ遺跡)。130~270年頃はパルミラ,4世紀末から 6世紀末までにはガッサーン王国が存在した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android