コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラーン Alān

翻訳|Alān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラーン
Alān

北カフカスにいたイラン系遊牧民。中国史料の阿蘭,イスラム史料の al-Lān。1世紀頃から歴史に登場,371年フン族に屈し,一部はバンダル族とともに西進して北アフリカにいたっている。 10世紀にギリシア正教を受容。 13世紀にはダルバンドからボルガ河口方面に広がり,ビザンチン帝国グルジア,ロシアと密接な関係を有したが,モンゴルの征服後,分散した。現在のオセト人は彼らの子孫。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アラーンの関連キーワードマールブルク会談ボロゲセス1世北カフカス

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android