受容(読み)じゅよう

精選版 日本国語大辞典「受容」の解説

じゅ‐よう【受容】

〘名〙
① 受け入れること。取り入れること。容受。
※古事談(1212‐15頃)一「但尊号及封等事、更不受容
※埋葬(1971)〈立原正秋〉一「母方の祖父は、死を単なる自然現象として受容していた」
② 鑑賞の基礎をなす作用で、芸術作品などを感性に受け入れ、味わい楽しむこと。
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉柿本人麻呂「受容するものの豊かさによって自己を示現するところの個性である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「受容」の解説

じゅ‐よう【受容】

[名](スル)受け入れて、とりこむこと。「外国文化を受容する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android