受容(読み)じゅよう

精選版 日本国語大辞典「受容」の解説

じゅ‐よう【受容】

〘名〙
① 受け入れること。取り入れること。容受
古事談(1212‐15頃)一「但尊号及封等事、更不受容
埋葬(1971)〈立原正秋〉一「母方祖父は、死を単なる自然現象として受容していた」
② 鑑賞の基礎をなす作用で、芸術作品などを感性に受け入れ、味わい楽しむこと。
古典と現代文学(1955)〈山本健吉柿本人麻呂「受容するものの豊かさによって自己を示現するところの個性である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android