コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラー・ウッディーン あらーうっでぃーん

世界大百科事典内のアラー・ウッディーンの言及

【デリー・サルタナット】より

… 君主権の強さや支配領域の大きさは時代によってかなりの差があり,一概にはいえない。ハルジー朝のアラー・ウッディーン(在位1296‐1316)の時は,短期間ながら君主権も支配領域も最大となり,ムスリムの軍が初めて南インド征服を行い,その後のデカン,南インドに大きな影響を与えた。また,トゥグルク朝のムハンマド・ブン・トゥグルク(在位1325‐51)の時にも,南インドにまで支配が及び,大帝国となった。…

※「アラー・ウッディーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラー・ウッディーンの関連キーワードジャラール・ウッディーン・ハルジーイスマーイール(亦思馬因)アナトリア・セルジューク朝ジャラール・ウッディーンマリク・カーフールスブタイ(速不台)ダウラターバードジュバイニー家バフマニー朝ハルジー朝ゴール朝インド史回回ほうコンヤジェベ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android