コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支配 しはい

5件 の用語解説(支配の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支配
しはい

個人ないし集団が他の個人ないし集団を自己の意思,命令,行動に服従させることをいう。支配には少くとも暴力,利害関係,説得の3つの契機が介在している。全面的な物理的強制手段による支配は恐怖による権力関係の持続にすぎず,最も不安定である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐はい【支配】

[名](スル)
ある地域や組織に勢力・権力を及ぼして、自分の意のままに動かせる状態に置くこと。「異民族の支配から脱する」「諸国を支配する」
ある要因が人や物事に影響を及ぼして、その考えや行動を束縛すること。「先入観に支配される」「物体は引力に支配されている」
仕事を配分したり、監督・指揮したりして、部下に仕事をさせること。
「宇治の大臣(おとど)、成佐が弟子どもに―して、一日に三尺の地蔵菩薩の像を図絵し」〈著聞集・一三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しはい【支配 domination】

利益志向を異にする集団(あるいは個人)間にみられる従属関係をいう。丸山真男によれば,Aという人間あるいは人間集団が,Bという人間あるいは人間集団に対して継続的に優越的な地位に立ち,そのことによってBの行動様式を同じく継続的に規定する場合,AとBとの間に客観的に認知しうる程度の従属関係が生ずる。支配服従関係はこうした一般的従属関係の一形態である。一般的従属関係のなかで,支配服従関係を最も典型的に示しているのは,奴隷と奴隷主との関係である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しはい【支配】

( 名 ) スル
ある地域・組織を自分の勢力下に置き、治めること。 「近隣諸国を-した」 「系列会社を-する」 「 -者」
あるものの意志・命令・運動などが、他の人間や物事を規定し束縛すること。 「運命を-する」 「感情に-される」 「機械に-される」
仕事の配分をしたり、部下を監督し、指図して仕事をさせること。 「宇治のおとど、成佐が弟子どもに-して、一日に三尺地蔵菩薩の像を図絵し/著聞 13」 〔が原義〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

支配
しはい
dominance

社会関係のなかで、Aという個人あるいは集団が、Bという個人あるいは集団に対して、継続的に優位な立場から、強制力を用いたBの行動に対する制約あるいはBの自発的承認によって、自己に有利な価値の配分を確保しうる従属関係をいう。ここで、価値の配分権をめぐる関係であることが重要な点である。すなわち、従属関係の態様はさまざまであり、主人と奴隷の間の極端に高度な支配関係から、教師と生徒の関係のような従属関係でありながらも支配関係とはいいがたいものまである。前者の関係においては、主人と奴隷の利害はまっこうから対立する。一方、後者においても、義務を課したり、制裁を加えることがあるが、それは利害対立に起因するものではない。教師と生徒の間には、生徒の成績向上あるいは人間的完成という目標が存在し、その目標追求のために両者の積極的合意によって、支配とは異なる従属の関係が形成されている。企業の利益の追求という共通の目標を有するようにみえる企業社会においても、利益の配分をめぐる対立が生じているので、支配関係が存在しているといえる。この場合の価値は、私的領域のものであるが、支配というとき、包括的社会における社会的価値をめぐる人間関係のみをさしていることもしばしばである。
 包括的社会における支配的立場をめぐって展開される社会現象が政治であり、支配関係の変動こそが政治史である。国内であると国家間であるとを問わず、戦争は支配的地位を求める争いであり、それが、政治の歴史は戦争の歴史であるといわれるゆえんである。[大谷博愛]

デモクラシーにおける支配

いかなる政治形態においても支配者と被支配者の分化は必然的現象である。しばしば、「支配者なきデモクラシー」といわれることがあるが、これは神話にすぎない。理念上、デモクラシーは支配者と被支配者を同一化するものである。しかし、現実のデモクラシーにおいては、選挙が支配関係の変化を左右し、法律による種々の制約が加わるだけで、厳然と支配関係は存在している。例外は、社会の全構成員が参加して自発的意見が交わされ、全員が納得のうえでその社会の問題が処理される場合である。それは、直接民主制が物理的に可能なほど小規模で、決定的な利害対立が存在しないほど同質的な社会に限られる。社会の規模が大きくなり、内部における利害対立が複雑化してくると、社会の秩序と安定のために、支配者と被支配者の分化が不可避的なものとなる。
 デモクラシーにおける従属関係を支配関係とは区別して、指導‐被指導の関係ととらえる考え方もある。前者は一方通行に近い関係であるが、後者は両面通行であるという点に着目するのである。しかし、これは程度の差にすぎず、絶対王制における君主にしろ同様に臣民の反応を考慮に入れなければならない。デモクラシーにおいては支配者に対する被支配者からの制約要素が多く、その機構が複雑化しているが、依然として、その制約を超えた支配が存在している。デモクラシーにおいても社会的価値の配分が政治における主要問題であり、それに関与する人々が権力追求に従事する現実が存在する以上、支配関係が政治の重要な部分であることを否定できない。[大谷博愛]

支配関係の安定化

支配者は自己に有利な政治決定を行いうる立場にたっているため、現行の支配関係を安定化させる努力を払う。内的混乱の回避と外的侵入に対する備えによって現状の支配関係に対する脅威を除去しなければならないが、過度の治安維持努力は支配者と被支配者の間に緊張関係を生み出す要因ともなり、その結果として対外的な防衛の面でも脆弱(ぜいじゃく)性を露呈することになる。
 支配関係の安定は、大きな不満をもっていない被支配者にとっても望まれることである。そこで、支配者は、調和的に価値を配分して社会における不満をできるだけ抑え、現状に対する社会の支持を獲得することが必要である。さらに、現状維持にとっては、価値配分の調節だけではなく、現状の支配関係を被支配者の心に内面化させ、無条件の支配それ自体に対する自発的服従を調達することが効率的である。それは支配関係の正しさ、すなわち支配の正当性を社会に植え付けることである。[大谷博愛]

支配の正当性

正当性とは、支配関係の根拠を倫理的、道徳的に正当化することであり、いかなる政治的支配もそのための論理を社会に対して準備する。ウェーバーはこの正当性について、「伝統的」「カリスマ的」「合法的」という三つの理念型を提示した。伝統的正当性とは、不変性が価値判断の根拠となって慣習や伝統が神聖視され、支配の秩序も伝統にのっとっているがゆえに正当性をもつことである。カリスマ的正当性は、支配者個人の超自然的資質が根拠となるものであり、合法的正当性は、支配関係が合理的で予測可能な一般的ルール(法)に基づいて成立しているがゆえに正当性をもつことである。[大谷博愛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の支配の言及

【社会構造】より

…たとえば前産業社会は産業社会に比して専門分化の度合が小さく,官庁や大企業の組織は小企業の組織よりも役割行動の公式化の度合が高く,たえず環境変化に直面している企業の組織はそうでない企業の組織よりも役割規定の硬直性の度合が低い,などである。
[支配と社会階層]
 社会構造の垂直的側面は支配の構造および社会階層の構造である。支配の構造とは権力の行使およびそれへの服従の制度的形態をいい,国民社会あるいは地域社会(村,町,都市,府県など)における統治と行政の形態(政治権力および行政権力),ならびに官庁や企業の組織における官僚制的支配(公式権限)は,近代産業社会における構造化された支配の代表的なものである。…

※「支配」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

支配の関連キーワード志向集団意識準拠集団モロ個人異にする幽明界を異にする首足処を異にす身首処を異にする万人心を異にすれば則ち一人の用無し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

支配の関連情報