コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリガラス繊維 アルカリガラスせんいalkali glass fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカリガラス繊維
アルカリガラスせんい
alkali glass fibre

アルカリ分を含有するガラス繊維の一種。含有量は 10~12%前後。アルカリ分を含んでいると原料の溶融時の温度が低くてすむ。普通のガラス繊維の長繊維におもに使用される無アルカリガラスに比べると電気絶縁性は劣るが,耐薬品性,特に耐酸性にすぐれているので,化学工業用として使用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android