コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリガラス繊維 アルカリガラスせんいalkali glass fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカリガラス繊維
アルカリガラスせんい
alkali glass fibre

アルカリ分を含有するガラス繊維の一種。含有量は 10~12%前後。アルカリ分を含んでいると原料の溶融時の温度が低くてすむ。普通のガラス繊維の長繊維におもに使用される無アルカリガラスに比べると電気絶縁性は劣るが,耐薬品性,特に耐酸性にすぐれているので,化学工業用として使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android