コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルセス Arsēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルセス
Arsēs

[生]?
[没]前336/前335
アケメネス朝ペルシアの王 (在位前 338/7~336/5) 。アルタクセルクセス3世末子。父を暗殺した宦官バゴアスによって王位につけられたが,バゴアスからの独立を主張したため,彼によって子とともに殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアルセスの言及

【ペルシア帝国】より

…エジプトは60年余り自立を続けたのち,アルタクセルクセス3世によって再征服された。この遠征に功績のあった宦官バゴアスBagōasは,王を毒殺してその子アルセスArsēsを即位させ,次いでアルセスも殺して傍系のダレイオス3世を王に選んだ。ダレイオスはバゴアスを倒して宮廷政治の粛正に努めたが,まもなくアレクサンドロス大王の率いるマケドニア・ギリシア軍の侵入に遭い,前330年彼の死とともに帝国は滅亡した。…

※「アルセス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルセスの関連キーワードダレイオス[3世]ル・ミザントロープダレイオス3世沖縄料理人間嫌いキノー風刺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android