コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゼンチン音楽 アルゼンチンおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゼンチン音楽
アルゼンチンおんがく

アルゼンチンは 16世紀後半からスペイン植民地となり,人口の 80%余がスペイン,イタリア系のヨーロッパ人であるため,圧倒的にラテン系の音楽文化を有する。民俗音楽には,ブエノスアイレスを中心とするポルテニア音楽と,北部一帯の地方民謡ムシカ・フォルクローリカがある。その他,わずかにトリステなどに先住民族インディオの影響が残っている。一方,西洋音楽はキリスト教宣教師により移植された。 19世紀にはスペインの音楽家が移住してきたが,イタリア音楽が支配的であった。 19世紀末になり国民的意識にめざめ,A.ウィリアムが音楽院を設立。 20世紀の作曲家に,カストロ兄弟,A.ヒナステラ,12音音楽の J.C.パスらがいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルゼンチン音楽の関連キーワードオルケスタティピカアルゼンチン瀬賀 倫夫ピアソラ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルゼンチン音楽の関連情報