コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルパン arpent

1件 の用語解説(アルパンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルパン【arpent】

フランスの古い面積単位。耕地や森林の面積表示に用いられた。100平方ペルシュに相当する例が多いが,ペルシュpercheの長さが場所により異なり,アルパンの面積も,20aから50a強までの幅があって一定しない。同じ村の中に,面積の異なるアルパンが並存している例もある。パリ地域での代表的なものは,34.19a(arpent de Paris),42.21a(arpent commun),51.07a(arpent d’ordonnance)の3種。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルパンの関連キーワード面積可住地宅地等比率経営耕地面積耕地率耕地利用率森林計画面積現況森林面積林野面積森林の転用用途別面積森林組合加入者面積

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルパンの関連情報