コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルパン arpent

世界大百科事典 第2版の解説

アルパン【arpent】

フランスの古い面積単位。耕地や森林の面積表示に用いられた。100平方ペルシュに相当する例が多いが,ペルシュpercheの長さが場所により異なり,アルパンの面積も,20aから50a強までの幅があって一定しない。同じ村の中に,面積の異なるアルパンが並存している例もある。パリ地域での代表的なものは,34.19a(arpent de Paris),42.21a(arpent commun),51.07a(arpent d’ordonnance)の3種。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アルパンの関連キーワードランゲ(カナダの小説家)フィリップ パンヌトンランゲ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android