コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二宮 にのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二宮
にのみや

栃木県南東部,真岡市南部の旧町域。下野平野の南東部に位置する。1954年久下田町と長沼村,物部村の 2村が合体して二宮町が成立。2009年真岡市に編入。町名は江戸時代末期に二宮尊徳五行川に堰を築き,農村開発に努めた地であることにちなむ。中心地区の久下田は旧城下町。在来の清酒,醤油などの醸造業に加えて,近年は自動車部品,プラスチック製品などの製造が行なわれる。西部を鬼怒川,中部を五行川,東部を小貝川が南流し,水田が広く開ける。米,ムギを産し,イチゴ,かんぴょうを特産。国指定史跡の桜町陣屋跡親鸞が開いた専修寺(せんじゅじ)などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にぐう【二宮】

中宮と東宮。皇后と皇太子。

にのみや【二宮】

栃木県南東部、芳賀はが郡の町。町名は穴川用水をつくった二宮尊徳にちなむ。親鸞開祖の専修寺がある。
神奈川県中南部、中郡の町。相模湾に面し、北は大磯丘陵となる。相模国二の宮の川匂かわわ神社がある。

にのみや【二宮】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二宮
にのみや

栃木県南東部、芳賀(はが)郡にあった旧町名(二宮町(まち))。現在は真岡(もおか)市の南部を占める地域。1954年(昭和29)久下田(くげた)町と物部(ものべ)、長沼の2村が合併し二宮町と改称。旧町名は二宮尊徳が報徳仕法を行ったことに由来。2009年(平成21)真岡市に編入。旧町域の中央部を第三セクター真岡(もおか)鉄道と並行して国道294号、408号が通じる。鬼怒(きぬ)・五行(ごぎょう)・小貝(こかい)の3河川が南流し、これらの沿岸低地が広く、水田が多い。水田裏作のイチゴ栽培が盛んで、県内の主産地の一つである。茨城県との境に位置するため、交通系統や商圏も南の同県筑西(ちくせい)市下館(しもだて)地区と北の真岡市中心市街とが競合する地区である。二宮尊徳ゆかりの国指定史跡の桜町陣屋跡や穴川(あながわ)用水がある。また専修(せんじゅ)寺境内も国の史跡に指定されている。[村上雅康]
『『二宮町史』全6巻(2005~ ・二宮町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の二宮の言及

【一宮】より

…しかし,諸国において,由緒正しい古社で,国内で一番の崇敬をあつめ,経済的基盤も大きかった社を一宮と称したようである。また,それより,二宮,三宮と順次称することも生じた。そして,時代の下るとともに一宮に交替のあった国もあり,のち国内でなく郡内の一宮,二宮などの称も生じ,近世に入って,甲斐,肥前のごとく一宮争いが生じた国もある(表参照)。…

※「二宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二宮の関連キーワードものすごくおおきなプリンのうえで神奈川県中郡二宮町富士見が丘香川県仲多度郡まんのう町追上神奈川県中郡二宮町百合が丘神奈川県中郡二宮町緑が丘神奈川県中郡二宮町松根神奈川県中郡二宮町中里神奈川県中郡二宮町山西神奈川県中郡二宮町一色神奈川県中郡二宮町川匂キンモクセイをさがしに神奈川県中郡二宮町二宮森のサクランボつみ大会東京都あきる野市二宮神奈川県小田原市栢山群馬県前橋市二之宮町私の中のシャルトルイチジクの木の下でへちまのへーたろー栃木県真岡市物井

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二宮の関連情報