コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンシン Alfonsín, Raúl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルフォンシン
Alfonsín, Raúl

[生]1927.3.12. チャスコムス
[没]2009.3.31. ブエノスアイレス
アルゼンチンの政治家。フルネーム Raúl Ricardo Alfonsín Foulkes。1982年のフォークランド戦争で軍が弱体化したあとの 1983年,穏健派である急進党の候補として大統領選挙に勝利し,正義党に自由選挙で初の敗北をもたらした。1950年に国立ラプラタ大学で法学位を取得し,地元チャスコムスに新聞社を設立。地方政治に 10年携わったのち,1963年に下院議員に当選した。1973年の大統領選挙では急進党候補として出馬したが正義党の候補に敗北。1976年の軍事クーデター後は治安部隊の人権侵害を憂えて『アルゼンチン問題』La cuestión Argentina(1981)を執筆し,人権常設会議を共同設立した。大統領当選後は,ハイパー=インフレーション,膨大な国家債務,労働争議,軍からの圧力に苦しめられ,1989年,任期を 5ヵ月残して大統領職を退いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルフォンシンの関連キーワード急進市民連盟[アルゼンチン]R.B. ビニョーネインフレーションアルゼンチン史汚い戦争

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android