コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルマス あるます

デジタル大辞泉プラスの解説

アルマス

《Almace》架空の武器のひとつ。11世紀のフランスの叙事詩ロランの歌」の登場人物、ランスの大司教チュルパンの愛剣とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のアルマスの言及

【ブルガール族】より

… 第2子コトラーグに率いられた他の一部はボルガ川の上流のカマ川との合流地域へ移住した。彼らも10世紀初めまではハザル・カガン国に服従していたが,922年にアルマスAl’masが諸部族を統合し,ハザルに対抗するためアッバース朝のカリフと条約を結びイスラムを受容し,965年ハザル・カガン国がキエフ・ロシアに敗北したのちに独立した(これをブルガール・ハーン国と呼ぶ場合もある)。このころのブルガール族のようすは,アッバース朝カリフが派遣したイブン・ファドラーンの《旅行報告書》に記されている。…

※「アルマス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アルマスの関連キーワードファーブル(Jean Henri Fabre)ラコンパニーアデヘスス教会アルベンス・グスマントルヒーヨ(ペルー)サンタカタリナ修道院サンティアゴ(チリ)ロンドン同時爆破テロサンティアゴ大聖堂イジゴラス・F.グアテマラの週末トカンティンス川マドリードの王宮トーレタグレ宮殿アレキパ大聖堂グアテマラ革命ラメルセー教会ラウニオン通りワンカベリカクスコ大聖堂セリニャン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルマスの関連情報